building128_128ビジネスローンのメリットのひとつに「無担保で借りられる」というものがあります。ビジネスローンの担保について解説します。

銀行プロパー融資の担保

一般的な銀行プロパー融資の場合、審査によって担保が必要になります。

審査評価が高い企業であれば、無担保で融資をしてもらえる可能性がありますが、審査評価が低い企業の場合、「担保がなければ融資はできない」と言われてしまう可能性もあるのです。

当然、担保がなければ融資が実現しないというケースも往々にしてあるのです。

担保というと「不動産担保」をイメージしてしまいますが

担保には

  • 不動産担保
  • 有価証券担保
  • 売掛債権担保
  • 預金担保
  • 手形担保

など色々な種類があります。

連帯保証人などの保証人も、人的担保という担保の一種なのです。

融資に担保を付ける = 返済が滞ったら担保のものが売却されて返済に充当される

ということを意味します。

担保にしたものが売られてしまうのです。

担保をつけた融資には「○○権」の設定が必要

不動産担保であれば「抵当権」を登記します。抵当権は、「担保にした物件をローンの返済が滞った場合、売却して良いですよ。」という権利のことを意味するので、不動産を担保に銀行から融資を受ける場合には、担保にする土地や建物に「抵当権」を設定する必要が出てきます。

  • 担保が有価証券なら「譲渡担保権」
  • 担保が預金担保なら「質権」

が設定されます。

ビジネスローンの担保

ビジネスローンとは、事業資金向けの無担保ローンのことを言います。

ビジネスローン、法人カードローン、事業者ローン、事業ローン、商工ローンという名前がつけば「無担保」であることが前提なのです。

無担保ローンなので、ビジネスローンは担保がなくても利用できるローンとなっています。

担保がないことのメリットデメリット

メリット

  • 担保がなくても借りられる
  • 担保価値を評価をする審査手順が必要ないので最短即日融資などのスピード融資が可能

デメリット

  • 有担保ローンと比較して金利が高い
  • 有担保ローンと比較して審査は通りにくくなる

担保がないからビジネスローンが絶対に良いというわけではない!

前述した通りで

ビジネスローンは担保がない「無担保」であるため

  • 担保を用意できない方
  • 銀行プロパー融資では担保がない為、審査が通らなかった方

にとっては非常にメリットがあるローンですが

  • 担保を用意できる
  • 銀行プロパー融資の審査も通る

という方にとっては、金利が高くなってしまうだけなので、ビジネスローンはおすすめできません。

担保がない代わりに金利が高くなってしまうからです。

担保が用意できて、銀行プロパー融資の審査に通るのであれば、担保を用意して低金利にした方がメリットがあるのです。

ビジネスローン金利:12.0%~15.0%
不動産担保ローン金利:5.0%~10.0%

ということを見ても、担保がある方が低金利で借りられるということがわかります。